特集

2022年度国公立大入試出願状況

2022年度国公立大入試出願状況(2月4日午後3時現在、文科省集計)をまとめたページです。

特集一覧

イスラム教とテロ結びつけ? 佐賀県模試で不適切な出題 実施団体「素材選定に問題」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
不適切な表現があったとされる英語の問題=佐賀市で2021年1月30日午後4時10分、竹林静撮影
不適切な表現があったとされる英語の問題=佐賀市で2021年1月30日午後4時10分、竹林静撮影

 「稼ぐことができなかったら彼らは食べ物を求めてモスクへ行き、テロリストとなる」。佐賀県の高校1、2年が受験する「県下一斉模擬試験(県模試)」の1年の英語の設問が、学校関係者らから「イスラム教とテロリストを連想させる」と指摘を受けている。模試は県立高校などで作る任意団体が作成していた。県教委は「不適切な問題だった。教諭の人権意識の問題で、気付けなかったことは非常に残念」と述べた。【竹林静】

 県模試は同県の公立・私立高の24校で1月8~10日に実施。高校1年は約3100人が受験した。模試を作成したのは県高校教育研究会進学指導部会(渡辺成樹会長)。問題の表現があったのは長文読解で、「全国高校生徒英作文コンテスト」(主催・全国英語教育研究団体連合会)で当時の高校1年が書いた2013年度の最優秀作品を引用した。

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文1120文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集