特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 自治体、ワクチン準備に不安 接種時期変遷/保管病院の確保困難

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスのワクチン接種会場での運営訓練で行われたワクチン注射の訓練=川崎市幸区で27日、梅村直承撮影
新型コロナウイルスのワクチン接種会場での運営訓練で行われたワクチン注射の訓練=川崎市幸区で27日、梅村直承撮影

 新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、実務を担う自治体が対応に苦慮している。「3月下旬」とされた高齢者への接種の開始日がずれ込み、多くの自治体が医療従事者や接種会場を確保できない現状にあることが、毎日新聞の調査で判明した。前例のない大がかりな接種に向け、自治体は試行錯誤を余儀なくされている。

 接種の開始時期が変更されることになった今月下旬、東京都板橋区の担当者は対応に追われた。

 厚生労働省は当初、高齢者への接種を「3月下旬」に開始すると想定。同区はその時期に間に合うよう、接種の場所を一部決めていた。しかし、「4月1日以降」との方針が示されたため、同区はワクチン接種計画を見直し、予算案も修正することになった。

この記事は有料記事です。

残り596文字(全文906文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集