133日間拘束され無罪確定 男性に53万円支給決定 大津地裁

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大津地裁、大津家裁、大津簡裁が入る庁舎=戸上文恵撮影
大津地裁、大津家裁、大津簡裁が入る庁舎=戸上文恵撮影

 滋賀県東近江市で放置自転車を無断で使用したとして占有離脱物横領罪に問われ、無罪が確定した県内の男性(51)に対し、大津地裁は29日、身柄拘束に対する刑事補償金として、53万2000円を支給する決定を出した。

 男性は2020年6月17日に逮捕され、無罪判決を受けた10月27日まで133日間拘束された…

この記事は有料記事です。

残り149文字(全文299文字)

あわせて読みたい

注目の特集