九州でツルの北帰行始まる 中国東北部やシベリア方面へ向け旅立つ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
糸島半島の上空を飛ぶツルの群れ=福岡市西区で2021年1月30日午後4時31分、須賀川理撮影
糸島半島の上空を飛ぶツルの群れ=福岡市西区で2021年1月30日午後4時31分、須賀川理撮影

 国内で冬を過ごしたツルが繁殖地の中国東北部やシベリア方面へ渡る「北帰行」が始まっている。1月30日には糸島半島(福岡市西区、福岡県糸島市)の空を渡りの途中と見られる40羽ほどの群れが、鳴き声を響かせながら旋回していた。

 今シーズン最大で1万7315羽が確認された国内最大のツル越冬地、鹿児島県出水市…

この記事は有料記事です。

残り118文字(全文268文字)

あわせて読みたい

注目の特集