連載

トーク

芸能人やアーティストが自身の作品について語ります。

連載一覧

トーク

礼真琴 宝塚・星組公演で主役・ロミオ 突き詰めた「愛」を贈る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 宝塚歌劇・星組公演のミュージカル「ロミオとジュリエット」(小池修一郎潤色・演出、稲葉太地演出)で、主役のロミオを演じる。原作はあまりにも有名なシェークスピア作品で、宝塚では8年ぶり5回目の上演となる。「久しぶりに、あのゾクゾクワクワクする作品に携われて幸せ」と笑顔を見せる。

 イタリア・ベローナを舞台に、モンタギュー家の息子ロミオと、敵対するキャピュレット家の娘ジュリエット(舞空瞳(まいそらひとみ))の愛を描く。フランスの音楽家ジェラール・プレスギュルビック氏が現代的な楽曲を用いてミュージカル化し、世界各国で演じられている人気作だ。

 「この作品がなければ今の自分はいない」と語るほど、縁は深い。日本初演だった2010年、入団2年目にして宝塚版で加えられた役「愛」に抜てきされた。「死」を演じる真風涼帆(まかぜすずほ)(現宙組トップスター)とともに、物語の空気をダンスで表現する重要な役どころ。しなやかな動きと情感豊かな表現で、一躍その名を知らしめた。

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1180文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集