連載

祈り巡り京の教会

「京都といえば神社仏閣」だが、実は京都御苑周辺を中心に驚くほど多くのキリスト教会が存在する。そのキリスト教会協会を訪ねた。

連載一覧

祈り巡り京の教会

/13 同志社礼拝堂(京都市上京区) レンガ造りでは国内最古 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国の重要文化財に1963年に指定された同志社大学礼拝堂=京都市上京区で、矢倉健次撮影
国の重要文化財に1963年に指定された同志社大学礼拝堂=京都市上京区で、矢倉健次撮影

 米国に密航した新島襄(1843~90年)が洗礼を受けて神学を学び、帰国後に同志社英学校を設立したのは1875年。85年に礼拝堂定礎式があり、その時の創立10周年記念演説で新島は「この礼拝堂は我が同志社の基礎となり、また精神となるもの」とあいさつしている。「キリスト教主義の教育機関として、シンボルを欲していたことがわかる」と同志社社史資料センターの小枝弘和調査員はいう。

 赤レンガに覆われ、急傾斜の切り妻造り屋根の礼拝堂は翌86年に完成した。今出川キャンパスの同じ場所で今も大学のシンボルであり続け、京都を代表する撮影スポットにもなっている。レンガ造りの礼拝堂としては国内最古。学内に五つある国重要文化財の建物のうち、もっとも早く1963年に指定されている。

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文909文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集