特集

愛知リコール不正

愛知県知事の解職請求(リコール)を目指した運動。署名偽造に関与した疑いで、活動団体事務局長らが逮捕されました。

特集一覧

愛知知事リコール署名「83%に不正の疑い」 県選管が調査結果、刑事告発も検討

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
愛知県庁=名古屋市で、鮫島弘樹撮影
愛知県庁=名古屋市で、鮫島弘樹撮影

 愛知県の大村秀章知事の解職請求(リコール)を目指した署名活動を巡り、県選挙管理委員会は1日、提出された署名約43万人分の8割に不正の疑いがあり、無効とみられるとする調査結果を発表した。県選管は地方自治法違反容疑で刑事告発も検討している。

 署名活動は美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長を代表に、名古屋市の河村たかし市長が協力し、2020年8~11月に行われた。19年に開かれた「あいちトリエンナーレ」の企画展を巡る知事の対応が発端だったが、請求に必要な法定数約86万人に対し、提出は約43万人分で不成立…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文635文字)

【愛知リコール不正】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集