特集

関西経済

関西の経済、企業情報のページです。経済の話題を分かりやすく伝え、キーパーソンのインタビューや識者コラムもお届けします。

特集一覧

任天堂が最高益 前年同期比91.8%増3766億円 「あつ森」人気など追い風

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
任天堂の人気ソフト「あつまれ どうぶつの森」の画面=任天堂提供
任天堂の人気ソフト「あつまれ どうぶつの森」の画面=任天堂提供

 任天堂は1日、2021年3月期の連結業績予想について、最終(当期)利益を従来予想の3000億円から4000億円(前期比54.7%増)に上方修正した。新型コロナウイルスの感染拡大による巣ごもり需要などの追い風を受け、クリスマスを含む年末商戦でゲーム機「ニンテンドースイッチ」や専用ソフトの販売が好調だったことを織り込んだ。今期2度目の上方修正で、引き続き過去最高益を見込む。

 同時に発表した20年4~12月期連結決算は、最終利益が前年同期比91.8%増の3766億円で、同期間での最高益を更新した。売上高は37.3%増の1兆4044億円、本業のもうけを示す営業利益は98.2%増の5211億円だった。

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文558文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集