特集

公明党

公明党に関するページです。

特集一覧

「情けない」 深夜に銀座クラブ訪問 与党3議員の選挙区で広がる政治不信

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
離党届提出後、記者団の質問に答える自民党の松本純衆院議員(中央)ら=東京都千代田区の同党本部で2021年2月1日午後3時5分、竹内幹撮影
離党届提出後、記者団の質問に答える自民党の松本純衆院議員(中央)ら=東京都千代田区の同党本部で2021年2月1日午後3時5分、竹内幹撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言下の深夜に、与党の国会議員が東京・銀座のクラブを訪れていた問題は、公明党議員の議員辞職と自民党議員3人の離党に発展した。それぞれの選挙区からは、落胆や政治不信の声が上がった。

 議員辞職したのは遠山清彦衆院議員。松本純・大塚高司・田野瀬太道の3衆院議員が離党届を出した。

 松本氏の地元で、遠山氏がくら替えを予定していた神奈川では、批判の声が相次いだ。松本氏の地元、横浜市中区に住む無職男性(87)は「議員としての質が問われる行動だった。地元の議員ということで応援していただけに失望している。議員辞職した方が潔い」とばっさり。遠山氏が立候補を予定していた衆院神奈川6区の同市保土ケ谷区で飲食店を経営する女性(67)は「国の要請で午後8時に店を閉めているのに、国会議員が深夜…

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文944文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集