連載

大和森林物語

毎日新聞デジタルの「大和森林物語」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

大和森林物語

/74 幼児教育は森の中で・森のようちえん/2 “親の育み”もテーマ /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 森の幼稚園は、園舎を持たず、園児は雨の日も雪の日も森に出かける“毎日がアウトドア”。森の中で園児自身が遊び方を考える。

 そのように聞くと、インドア派の子どももいるんじゃないか、外で走り回るのが苦手な子どもはどうするのだろう、と思わないでもない。

 だが「ウィズ・ナチュラ」では、集合する「朝の会」と「終わりの会」で絵本の読み聞かせが行われていた。読んでほしい絵本を子どもたちが持ってくるのだという。またどんぐりの工作やお絵描きを行う園児もいた。森に出ても、一人で過ごす子もいる。無理にみんなと遊ばせようとせず、見守る方針だ。

「同じ子が季節で変わるんです。夏は森を走り回っていた子も、秋から冬に向うと内向的になったりします」(岡本麻友子代表)。

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1206文字)

あわせて読みたい

注目の特集