特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ユーロ圏GDP成長率は前年比マイナス6.8% 「リーマン」後を超える下落率

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ブリュッセルの欧州委員会本部ビル
ブリュッセルの欧州委員会本部ビル

 欧州連合(EU)統計局が2日発表した2020年のユーロ圏19カ国の実質域内総生産(GDP、季節調整済み)の成長率(速報値)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、前年比マイナス6・8%となった。年間でマイナス成長となるのは欧州債務危機があった13年(マイナス0・2%)以来7年ぶり。下落幅は、リーマン・ショック後のマイナス4・5%(09年)を超え年間の統計が始まった1996年以来、最大となった。

 20年10~12月期は前期比マイナス0・7%(年率換算で同マイナス2・8%)で、4~6月期以来2四半期ぶりにマイナス成長になった。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文552文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集