視覚障害者対応ガイドブック マイナンバーカード発行で中間市作製 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
職員から暗証番号設定に関する説明に受ける栗田さん(左)
職員から暗証番号設定に関する説明に受ける栗田さん(左)

 中間市は、マイナンバーカード発行を希望する視覚障害者への応対時に職員が取るべき対応を定めたガイドブックを作製し、1月から運用を始めた。申請書を代筆する際の手順など県が市町村向けにまとめた手引を基に、市独自の内容を加えた。県によると、県内の自治体で対応を定めたのは中間が初めて。市は他の申請事務にも準用する方針で、作製を要望した視覚障害者団体は「幅広く活用してほしい」と期待する。【奥田伸一】

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文734文字)

あわせて読みたい

注目の特集