特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

新型コロナ 緊急事態宣言延長 聖火リレーに暗い影

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
4月初めまでに聖火リレーが行われる県
4月初めまでに聖火リレーが行われる県

 緊急事態宣言の延長は、3月25日に福島県をスタートする東京オリンピックの聖火リレーにも暗い影を落としている。宣言が発令中の地域では、聖火リレーの実施に影響が及ぶ自治体があるほか、感染対策の策定にも遅れが生じている。聖火ランナーたちは複雑な思いを抱えている。

自治体「開催前提で準備」

 「何とか開催してもらいたいが、正直なところ、どっちに転ぶか分からない」。愛知県半田市スポーツ課の加藤計志課長は今、聖火リレーの行方に気をもんでいる。4月6日に聖火を迎える半田市では、地元の祭りで親しまれている「ちんとろ舟」を使って聖火を運ぶ。市内を流れる半田運河がコースで、同県での聖火リレーの「みどころ」の一つに数えられている。しかし今回、愛知県を含む10都府県で緊急事態宣言が3月7日まで1カ月間延長されることになり、その実施方法に影響が出そうだ。

 大会関係者によると、組織委員会からは、各都道府県で聖火リレーが始まる30日前には実施方法について判断を下す案も提示されている。状況によっては公道のランナー走行を取りやめ、セレブレーション会場でイベントのみを行い、次の県に聖火を引き継ぐこともあり得るという。

この記事は有料記事です。

残り1010文字(全文1507文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集