特集

愛知リコール不正

愛知県知事の解職請求(リコール)を目指した運動。署名偽造に関与した疑いで、活動団体事務局長らが逮捕されました。

特集一覧

リコール署名不正疑惑 愛知・弥富市議会議長らが「自分の名を無断使用」と告訴

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
開示された署名簿には署名していない大原功議長らの名前があり、指印も押されていた=名古屋市中区で2021年2月3日午後3時56分、井口慎太郎撮影
開示された署名簿には署名していない大原功議長らの名前があり、指印も押されていた=名古屋市中区で2021年2月3日午後3時56分、井口慎太郎撮影

 愛知県の大村秀章知事の解職請求(リコール)を巡る署名活動の不正疑惑で、同県弥富市議5人が3日、自分の名前が無断で署名に使われていたとして、地方自治法違反と私文書偽造・同行使容疑で名古屋地検に告訴状を郵送した。容疑者は不詳としている。

 告訴したのは、市議会議長の大原功氏ら保守系最大会派「政新会」の5人。会派の8人が1月、市選挙管理委員会に対して署名簿の自己情報開示請求をしたところ、うち5人…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

【愛知リコール不正】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集