ナワリヌイ氏、 収監へ 執行猶予取り消し ロシア反体制指導者

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
アレクセイ・ナワリヌイ氏=ロシア・モスクワで2020年2月29日(AP)
アレクセイ・ナワリヌイ氏=ロシア・モスクワで2020年2月29日(AP)

 モスクワの地方裁判所は2日夜、療養先のドイツから帰国後に逮捕されたロシアの反体制派指導者、アレクセイ・ナワリヌイ氏(44)が過去に受けた有罪判決の執行猶予を取り消し、実刑に切り替える決定を下した。収監期間は過去の自宅軟禁などの期間を差し引いた約2年8カ月の見込み。判決内容を「捏造(ねつぞう)」と訴えるナワリヌイ氏側は上級審に異議を申し立てる方針だ。

 モスクワ中心部などでは決定の言い渡し後、ナワリヌイ氏の釈放を求める抗議デモが発生。一部で治安部隊が激しい取り締まりを行い、人権団体によると、裁判所周辺で日中に続いた抗議活動と合わせ、1000人以上が拘束された。ブリンケン米国務長官が「深い遺憾」を表明するなど、欧米諸国からも改めて非難が相次いでいる。

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文958文字)

あわせて読みたい

注目の特集