特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

栃木の緊急事態宣言解除へ 知事「医療負荷軽減を」 県民は慎重な受け止め

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
緊急事態宣言の解除が決まり、報道陣の取材に応じる福田富一知事=宇都宮市塙田1の栃木県庁で、李舜撮影。
緊急事態宣言の解除が決まり、報道陣の取材に応じる福田富一知事=宇都宮市塙田1の栃木県庁で、李舜撮影。

 栃木県内に出されていた国の緊急事態宣言が7日に解除されることが決まった。福田富一知事は2日、報道陣の取材に応じ、「県民と事業者の協力で、新規感染者数などは減った。だが医療提供体制への負荷は続いている。解除までの残り1週間で軽減していきたい」と述べた。【竹田直人】

 県内の飲食店を対象にした営業時間の短縮要請について、福田知事は「段階的に解除する」とし、国と情報共有しながら4日の対策本部で対応を検討する意向を明らかにした。

 県内では年末年始にかけて感染者が急増した。宇都宮市では金融機関やサービス業などの事業所でクラスターが5例発生し、関連する感染者は計30人に上った。1月8日には1日の発表分としては最多となる150人の感染者が確認されるなど同月上旬は連日、新規感染者が100人を超えた。病床稼働率は同15日、国の指標で最悪の「ステージ4(感染爆発、50%以上)」に当たる60・5%となった。

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1385文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集