「黙食」ならぬ「黙浴」呼び掛け 徳島の銭湯、コロナ対策で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
受け付けに貼られた「黙浴」を呼び掛ける張り紙=徳島市津田本町3の昭和湯で2021年2月2日午前10時0分、岩本桜撮影
受け付けに貼られた「黙浴」を呼び掛ける張り紙=徳島市津田本町3の昭和湯で2021年2月2日午前10時0分、岩本桜撮影

 新型コロナウイルスの感染が相次ぐ中、徳島市津田本町3の銭湯「昭和湯」が、会話を控えて銭湯を利用する「黙浴(もくよく)」を呼び掛けている。感染対策として、入浴時や脱衣所など、風呂上がりで気が緩んだ場での会話を控えてもらいたい考えだ。

 四代目店主の新田啓二さん(48)によると、徳島県内で感染者が増加したことを受けて1月中旬から「黙浴にご協力ください」などと書かれた張り紙を施設内に掲示している。食事中の会話を控える「黙食」を推奨する店の取り組みを参考にした。張り紙が目立つよう、文字の背…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文608文字)

あわせて読みたい

ニュース特集