特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

津波避難用の階段「のぼーる」が受注増、全国に30カ所 強みはオーダーメード

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
宮崎県日向市の美々津保育園脇の斜面に設置された津波避難用階段。定期的に園児たちの避難訓練に使われている=和新工業提供
宮崎県日向市の美々津保育園脇の斜面に設置された津波避難用階段。定期的に園児たちの避難訓練に使われている=和新工業提供

 オーダーメード階段の設計を手がける福岡県筑前町の金属加工メーカー「和新工業」が、2011年の東日本大震災を機に開発した津波避難用階段が被災地で活躍している。将来南海トラフ地震の影響が予想される四国や九州の沿岸部の自治体からも問い合わせが相次ぎ、これまでに全国約30カ所に設置された。住民らの高台への避難訓練に活用され、防災意識の向上にも一役買っている。

 「階段ができて高台への避難にかかる時間が大幅に短縮されました」。東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県大槌町の桜木町地区。17年3月に、復興交付金を活用した250メートルに及ぶ避難路が完成し、大槌町危機管理室の担当者は効果をかみしめる。

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1290文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集