特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

入院したくてもできない状況なのに… 入院拒否で過料、感染者から本末転倒の声

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルス対策の根拠となる新型インフルエンザ等対策特別措置法や感染症法などの改正法が賛成多数で可決、成立した参院本会議=国会内で2021年2月3日午後6時56分、竹内幹撮影
新型コロナウイルス対策の根拠となる新型インフルエンザ等対策特別措置法や感染症法などの改正法が賛成多数で可決、成立した参院本会議=国会内で2021年2月3日午後6時56分、竹内幹撮影

 新型コロナウイルス対策を強化する改正感染症法が3日、成立した。コロナ感染者が入院を拒否すれば、罰則として50万円以下の過料が科せられる。しかし、現在は病床不足が深刻で、拒否どころか、入院したくても入院できない状態が続く。感染者からは「まず病院の受け入れ態勢を整えるのが先ではないか」との声が上がる。

 東京都内で3人の子供を1人で育てる30代女性は昨年末に新型コロナに感染し、発熱や胸痛の症状に襲われた。ぜんそくなどの持病があるため入院を希望したが、病床の空きがなく、約10日間にわたり自宅待機を余儀なくされた。

 子供を元夫に預けて自宅にこもる中、コロナや持病の悪化を懸念した。しかし、感染防止のため、持病のかかりつけ医のもとにさえ行けなかった。「入院できない間はずっと不安だった。入院しなければ罰則なんて本末転倒。これ以上感染者を苦しめないでほしい」

この記事は有料記事です。

残り1165文字(全文1541文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集