パソナの淡路島移転で見えた地方移住の課題 東京一極集中是正は成功するか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
パソナグループの本社機能の移転先の一つとなるオフィスが入るリゾート施設「淡路夢舞台」=淡路夢舞台提供
パソナグループの本社機能の移転先の一つとなるオフィスが入るリゾート施設「淡路夢舞台」=淡路夢舞台提供

 人材派遣大手「パソナグループ」が東京都の本社機能を兵庫県・淡路島に移転すると発表して1日で5カ月がたった。本社で勤務する社員の4分の1に当たる約1200人が2024年5月末までに勤務先を淡路島に移す計画だ。既に移住した社員からは自然に囲まれた環境に満足する声が上がる一方、地元の住宅事情などの懸念材料も見え始めた。東京一極集中是正に向けた試みは果たして成功するのか。【鈴木健太】

 「昨年12月のクリスマスは高さ約1・5メートルの室内用ツリーを買って、家族で飾り付けをした。以前の狭い家だったら考えられなかった。東京とは違い、淡路島で心豊かな生活ができている」。20年9月、東京から淡路島に移住したパソナグループ経営企画部の岡田智一さん(38)は満面の笑みを浮かべた。

この記事は有料記事です。

残り3407文字(全文3741文字)

あわせて読みたい

注目の特集