豆まかずに手渡し 新型コロナ感染予防 住吉神社で節分祭 /山口

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 下関市の住吉神社で2日、節分祭が開かれた。昨年に続き、新型コロナウイルスの感染予防のため、恒例の豆まきは実施せず、規模も縮小しての開催となった。

 午後3時から始まった本殿祭には神職、総代計21人が参加。おはらいや祝詞奏上、玉串奉納の後、東北と南西の方角に向かって弦を鳴らす「鳴弦(めいげん)の儀」が神職2人によって行われ、邪気を払った…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

あわせて読みたい

注目の特集