特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナで労働市場変化 人手不足、「コンビニ」「介護」に続々

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
デイサービス施設で働く東秀暢さん=本人提供
デイサービス施設で働く東秀暢さん=本人提供

 新型コロナウイルスの感染拡大が、労働市場に大きな変化を生んでいる。これまで人手不足で悩んでいたコンビニエンスストアや介護業界に、コロナで打撃を受けた飲食や旅行業界から、人々が押し寄せているというのだ。長年課題となってきた働き手との「ミスマッチ」は、コロナ禍によって動き出すのか。現状を取材した。

 「やめるなら今だと決断した」。東京都練馬区で居酒屋を経営していた東秀暢さん(40)は昨年6月、店を知人に譲り、介護士に転身した。「334(さんさんしー)」のコンビ名で漫才師として活動していたが、2015年に引退し、漫才の師匠のすすめもあり居酒屋をオープンして4年。順調だった経営は新型コロナで一変した。「2、3月には驚くほど客が減り、ゼロに近い状況になった」。自分で看板も作り、ようやく開店時の借金を完済したばかりの思い入れのある店との別れはつらかったが、「もともと介護の仕事をやりたいという思いがあり、良い機会にしようと振り切った」と振り返る。初任者研修の講座を昨年7月から1カ月受けて資格を取得し、9月から東京都杉並区のデイサービス施設で介護士として働いている。

 仕事が深夜まで及んだ居酒屋時代と比べて、妻や子供と過ごす時間が増えた。高齢者らをケアする仕事は、相手の反応を表情から読み解いたりレクリエーションで楽しませたりする点で、「漫才や居酒屋の接客で培った経験も生きる」と前向きだ。新型コロナの感染対策に神経をすり減らす日々だが、「誰かがやらないといけない仕事」と言い聞かせて、施設に向かう。

この記事は有料記事です。

残り1332文字(全文1981文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集