連載

PICKUP

科学界の最新トピックスをピックアップします。

連載一覧

PICKUP

光免疫療法併用で効力上昇 がん治療、チェックポイント阻害薬 米衛生研

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <ピックアップ>

 がん細胞をピンポイントで破壊する「光免疫療法」と、免疫細胞を活発にする「免疫チェックポイント阻害薬」を併用すると、免疫チェックポイント阻害薬だけでは治療効果がみられないがんも治せる可能性が高いことを、小林久隆・米国立衛生研究所主任研究員らのチームがマウスの実験で明らかにした。国際がん専門誌「キャンサーズ」で発表した。

 免疫チェックポイント阻害薬は、本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授が開発にかかわり、2018年のノーベル医学生理学賞にも選ばれたがん治療法だが、再発・転移がんなど治すのが難しいがんもある。がんが免疫細胞にかけているブレーキを外して攻撃力を高める仕組みのため、免疫細胞が周りに少ないがんでは効果を得られにくいと考えられる。

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文753文字)

あわせて読みたい

注目の特集