特集

瀬戸大也(競泳)|東京オリンピック

不倫問題で一時競技から離れた時期もあったが、日本競泳界のエースは健在。400メートル個人メドレーは今季世界ランク1位

特集一覧

瀬戸大也、戒めの再出発「引退は一度も頭よぎらず」 ブランクの影響顕著に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子400メートル個人メドレー決勝を制し小方颯(左)とたたえ合う瀬戸大也=東京アクアティクスセンターで2021年2月4日、梅村直承撮影
男子400メートル個人メドレー決勝を制し小方颯(左)とたたえ合う瀬戸大也=東京アクアティクスセンターで2021年2月4日、梅村直承撮影

 競泳のジャパンオープンが4日、東京オリンピック会場の東京アクアティクスセンターで開幕した。不倫問題で昨年末から2カ月半の活動停止処分を受けていた瀬戸大也(TEAM DAIYA)が東京五輪代表種目の男子400メートル個人メドレーで復帰し、4分12秒57で優勝した。

 昨年9月以来、約5カ月ぶりにレースに戻ってきた瀬戸は、自己ベストからは6秒以上遅いタイムでタッチ板をたたいた。レース後の取材では初めに何度も頭を下げて自らの騒動について謝罪するなど、終始こわ張った表情だった。

 かつてないほどの緊張感が瀬戸を包んでいた。予選ではライバルの萩野公介(ブリヂストン)が隣のレーンだったが、「全く(視界に)入ってこなかった」。いつもならタイムをチェックする150メートルのターンも泳ぐことでいっぱいいっぱい。決勝も終始トップを維持したとはいえ、最後は2位の井狩裕貴(イトマン近大)に0秒34差まで迫られた。目標に設定していた4分10秒を切ることはできず、ブランクの影響は否めなかった…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文729文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集