巨人の主力ら「S班」 午後2時スタートの狙いは? ドームキャンプ終了

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
トレーニングウエア姿で打撃練習をする巨人の丸=東京ドームで2021年2月4日、角田直哉撮影
トレーニングウエア姿で打撃練習をする巨人の丸=東京ドームで2021年2月4日、角田直哉撮影

 巨人の主力やベテラン選手を中心とした「S班」は4日、東京ドームでのキャンプを終えた。新型コロナウイルス感染拡大の影響などを考慮し、例年とは大きく様変わり。寒暖の差のないドームを会場とし、グラウンド外での工夫も見られた。

 この日は、外野の両翼を走りながら捕球する「アメリカンノック」の内野版に取り組んだ。下半身の強化などを目的とし、野手は一塁から三塁まで走りながら懸命にボールを追った。フリー打撃では十分にボールを引きつけて中堅から逆方向へ打ち返すことを意識したり、入念にフォームを確認したりするなど、個々のテーマに取り組んだ。丸は「気温や環境の変…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文686文字)

あわせて読みたい

注目の特集