鳥インフル 殺処分作業員増員へ 7日までに終了目指し /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 城里町の採卵鶏農場で高病原性鳥インフルエンザが確認された問題で、県は4日、この農場で飼育する鶏の殺処分を7日までに終了させる方向で作業を進めていることを明らかにした。県は自衛隊などと協議し、作業員を増員して処分体制の強化を図る。

 大井川和彦知事は記者会見で「殺処分を終了しないと(原因調査など)全てのものが始まらない。速やかに行うことが重要だ」…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

あわせて読みたい

注目の特集