特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

森氏「女性蔑視」批判の嵐 五輪会合「女性が多い会議は時間がかかる」 政財界、海外メディアも

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見で発言についての説明を終えた東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長=東京都中央区で2021年2月4日(代表撮影)
記者会見で発言についての説明を終えた東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長=東京都中央区で2021年2月4日(代表撮影)

発言撤回、辞任否定

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)は4日、東京都内で記者会見し、3日の日本オリンピック委員会(JOC)の評議員会で女性を蔑視した発言をしたことについて「五輪・パラリンピックの精神に反する不適切な表現だった」として発言を撤回し、陳謝した。だが、会長職の辞任は否定。野党は菅義偉首相に対して森氏に辞任を促すことを求め、財界トップからも大会開催への懸念の声が上がった。【円谷美晶、高橋恵子、土屋渓】

 3日の会合で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」と述べたことについて、森氏は4日の会見で「伝聞」との認識を繰り返した上で「どういう根拠でおっしゃったのか分からない」と釈明。また、JOCがスポーツ庁の指針に基づき女性理事を40%以上とする目標を「文科省がうるさく言うから」と発言したことについては「そういう認識ではない。女性と男性しかいないので、どなたが選ばれてもいい」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1149文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集