特集

河井夫妻選挙違反事件

自民党に所属していた河井克行前法相と妻の案里元参院議員が、19年参院選を巡る公選法違反容疑で逮捕されました。

特集一覧

河井案里元議員、給与返還の見通しなし 逮捕以降に2200万円

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
河井案里元議員=国会内で2020年1月20日、佐々木順一撮影
河井案里元議員=国会内で2020年1月20日、佐々木順一撮影

 2019年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で公職選挙法違反に問われ、参院議員を辞職した河井案里被告(47)を懲役1年4月、執行猶予5年とした東京地裁判決(1月21日)が5日、確定した。当選は無効となり、5年間は公民権が停止されるが、これまでに支払われた歳費などの公金は返還される見通しがない。

 河井元被告は、19年10月に陣営の車上運動員への違法報酬支払い疑惑が浮上して以降、国会の欠席が目立つようになり、20年6月に元法相で衆院議員の克行被告(57)=公選法違反で公判中=とともに公選法違反容疑で逮捕された。

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文639文字)

【河井夫妻選挙違反事件】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集