特集

バイデン政権2021

第46代米大統領となったバイデン氏。分断された国内や不安定化する国際情勢にどう対応するのでしょうか。

特集一覧

駐ドイツ米軍の削減凍結を表明 バイデン大統領、初の外交演説

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
バイデン米大統領=米ワシントンで2021年1月28日、AP
バイデン米大統領=米ワシントンで2021年1月28日、AP

 バイデン米大統領は4日、国務省で就任後初の外交方針演説に臨み、トランプ前政権が決定したドイツ駐留米軍の削減の凍結を明らかにした。泥沼化しているイエメン内戦では、サウジアラビア主導の連合軍への軍事支援停止を表明。「米国は(国際社会に)戻ってきた」と宣言し、前政権の「米国第一主義」から国際協調路線への転換を鮮明にし、民主主義などの価値観を重視する外交方針を改めて表明した。

 バイデン氏は「同盟国は我々の素晴らしい資産だ。外交を主導するということは、同盟国と協力して立ち上がることだ」と強調した。オースティン国防長官に米軍の世界的な展開態勢の見直しを命じたことを明らかにし、その間はドイツ駐留米軍の削減を凍結するとした。

この記事は有料記事です。

残り871文字(全文1180文字)

【バイデン政権2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集