特集

ミャンマークーデター

ミャンマー国軍がクーデターを起こし、アウンサンスーチー氏らを拘束。市民や国際社会からは抗議と批判が相次いでいます。

特集一覧

「国のために動こう」 スーチー氏解放求め、在日ミャンマー人が静岡で署名運動へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
静岡県内のミャンマー人と連絡を取り合い、署名運動の実施を決めたミントナインさん=静岡市駿河区で2021年2月3日、渡辺薫撮影
静岡県内のミャンマー人と連絡を取り合い、署名運動の実施を決めたミントナインさん=静岡市駿河区で2021年2月3日、渡辺薫撮影

 ミャンマーで1日に起きた軍事クーデターに対し、静岡県内のミャンマー人たちから憤りの声が上がっている。アウンサンスーチー国家顧問を自宅軟禁した国軍を批判。7日に静岡市葵区でスーチー氏の解放などを求めて署名運動を行う。【渡辺薫】

 「ミャンマーのために働こうとする人たちが政治にかかわることのできる国であるべきだ」。静岡市駿河区でミャンマー料理店・マンダレーレストランを経営するミントナインさん(58)は、今回の軍事クーデターに激しい憤りを覚えるという。

 料理人として20年以上前に来日。当時のミャンマーは銅や鉛などの鉱物資源、ガスや石油などの天然資源が豊富だった。だが、軍政下で「軍部が私腹を肥やすばかりだった。彼らはまったく国のために働いていない」との思いを抱き、祖国を離れた。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文784文字)

【ミャンマークーデター】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集