特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

自粛いつまで? 募るストレス  「つい外出」と「巣ごもり徹底」二極化も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
緊急事態宣言再発令後、初めて迎えた週末に銀座を歩く人たち=東京都中央区で2021年1月9日午後1時10分、宮間俊樹撮影
緊急事態宣言再発令後、初めて迎えた週末に銀座を歩く人たち=東京都中央区で2021年1月9日午後1時10分、宮間俊樹撮影

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言がまた延長された。感染防止の徹底のため、店舗での飲酒はもちろん、「不要不急」の外出は今後も自粛が求められる。「一体いつまで続くのか」。専門家の調査によれば、コロナ禍の生活で約半数の人が深刻なストレスを抱えているという。まじめに「巣ごもり」を続ける人がいる一方、自粛疲れで外出してしまう人も出てきた。

 広島県に住む30代の男性会社員は先月中旬、1週間の休暇を利用して中部地方に旅行した。

 もともと趣味は旅行で、コロナ拡大前は2カ月に1度のペースで観光していた。休日に1人で自宅にこもる生活は「とても耐えられない」と感じたという。

 移動には自家用車を使い、旅館に着いてからは、酒を飲みに行くこともしなかった。大げさとは感じつつ、宣言発令地域では一度も車を降りていない。

 できる限りの感染対策を講じたつもりだが、土産を職…

この記事は有料記事です。

残り1453文字(全文1827文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集