高校生らフリマサイト計画 「マニアック検索」狙う マインクラフト仲間と起業

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
実家の仕事場で仲間とチャットを通じて経営計画を話す寺園諒雅さん。「顔を出すのは恥ずかしいので」と後ろからの撮影のみ応じてくれた=鹿児島県姶良市で2021年1月28日午後1時47分、白川徹撮影
実家の仕事場で仲間とチャットを通じて経営計画を話す寺園諒雅さん。「顔を出すのは恥ずかしいので」と後ろからの撮影のみ応じてくれた=鹿児島県姶良市で2021年1月28日午後1時47分、白川徹撮影

 インターネット上で知り合った全国各地の高校生や大学生ら5人が株式会社を設立し、パソコンやスマートフォンの周辺機器を中心にしたフリーマーケット(フリマ)サイトの運営を計画している。社長を務めるのは鹿児島県内の定時制高校に通う寺園諒雅(りょうが)さん(18)。「信頼できる仲間と事業を波に乗せたい」と、本社を兼ねる実家で準備を進めている。

 扱うのはパソコンのパーツやスマホの予定。既存のフリマでも取り扱いはあるが、入手しづらい小さな部品などを含めてきめ細かなサイトを目指す。寺園さんはコンピューターを使ったゲーム競技・eスポーツによる需要増加などを見込んで「マニアックな検索ができるようにする」と狙いを語る。

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文840文字)

あわせて読みたい

ニュース特集