連載

岐路の風景

歴史の転換期となった文化的事象を取り上げ、現代の視点から改めてその意義を探ります。

連載一覧

岐路の風景

花森安治と『暮しの手帖』 終戦後、美しい衣食住を提案 「大切なものとは」問いかけ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 戦後間もなく創刊し、衣食住のあれこれに加え、社会のあり方や生き方までを発信する雑誌『暮しの手帖』。初代編集長の花森安治(1911~78年)は神戸市生まれ。絵の才にたけ、表紙やカット絵、デザインまで手がけると同時に自ら取材に出かけ、読者の心に響く数々の文章を残した。その仕事は色あせることなく、今の時代に多くを語りかける。

 雑誌は、広告料を得るべく消費を促すのが普通だ。しかし『暮しの手帖』に広告はない。かつての人気ページ「商品テスト」や、世相を厳しく評する原稿も、思いのまま掲載できたゆえんだ。70年代には100万部近くと多くの読者を得た背景には、編集長花森の理念ある雑誌作りがあった。

この記事は有料記事です。

残り1431文字(全文1725文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集