中津市歴史博物館1周年記念 火焔型土器、はにわ並ぶ 「発掘された日本列島」展 /大分

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
一堂に並べられた馬型や鹿型などのはにわが目を引く会場
一堂に並べられた馬型や鹿型などのはにわが目を引く会場

西日本で唯一の開催

 文化庁など主催の全国巡回展「発掘された日本列島2020」が中津市歴史博物館で開かれている。同館開館1周年記念の特別展で、中津は西日本で唯一の開催地。旧石器時代から近世までの全国51遺跡の優品約670点が展示され、考古学ファンの人気を集めている。21日まで。

 1995年度から全国的に注目された発掘成果を披露。縄文時代中期(約5000年前)の火焔(かえん)型土器(高さ34・8センチ、…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

あわせて読みたい

ニュース特集