衆院広島3区、斉藤氏で決着 自民県連受け入れ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党の山口泰明選対委員長は5日、広島県連の宮沢洋一会長と党本部で会談し、次期衆院選広島3区で公明党の斉藤鉄夫副代表を与党候補とすると伝えた。宮沢氏は受け入れ、公職選挙法違反で公判中の河井克行被告=元法相=の離党で懸案となっていた候補者調整は決着した。

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文275文字)

あわせて読みたい