郷土料理や祭り、広く保護へ 政府、無形の文化財「登録」新設

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は5日、無形文化財と無形民俗文化財の登録制度新設を柱とする文化財保護法改正案を閣議決定した。既存の指定制度より基準を緩やかにし、継承が危ぶまれる地域の祭りや郷土料理などを幅広く保護する狙い。少子高齢化に加え、人々の集いを難しくする新型コロナウイルスの影響も深刻な中、政府は「迅速に登録を進め支援を図る」として今国会での成立を目指す。

 改正案には地方自治体が有形、無形に関係なく独自の登録制度を条例で設けることができる規定も盛り込んだ。導入済みの自治体もあるが、保護法に明記してさらなる拡大を促す。

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文662文字)

あわせて読みたい

注目の特集