特集

バイデン政権2021

第46代米大統領となったバイデン氏。分断された国内や不安定化する国際情勢にどう対応するのでしょうか。

特集一覧

今後も続く?ハリス米副大統領が初の決裁票 民主、共和両党議席同数の上院で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ハリス米副大統領=2021年2月5日、AP
ハリス米副大統領=2021年2月5日、AP

 民主、共和両党の議席が同数の米上院で5日、議長を兼務するハリス副大統領(民主)が初めて決裁票を投じた。副大統領が投票するのは2018年12月のペンス氏(共和)以来。勢力の拮抗(きっこう)する上院でハリス氏がタイブレーカー役を果たす局面が今後も繰り返される可能性がある。

 定数100の上院は現在、民主(無所属2含む)、共和ともに50議席ずつ確保する。この構図は来年の中間選挙まで続く見通しだ。賛否が同数の場合には議長を務める副大…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

【バイデン政権2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集