特集

ミャンマークーデター

ミャンマー国軍がクーデターを起こし、アウンサンスーチー氏らを拘束。市民や国際社会からは抗議と批判が相次いでいます。

特集一覧

ミャンマー国軍、ネット遮断 抗議活動封じ込めに躍起 ヤンゴンで大規模デモ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ミャンマーの最大都市ヤンゴン中心部で6日、国軍のクーデターに対する大規模な抗議デモがあった。毎日新聞の現地助手によると、1500人前後が参加しており、クーデター後、最大のデモとなった。軍側は6日、国内のインターネットを遮断し、抗議活動の封じ込めに躍起になっている。

 現地からの映像によると、デモ参加者は、アウンサンスーチー国家顧問率いる国民民主連盟(NLD)のシンボルカラーである赤いシャツやリボンを身につけ、「軍政を倒し、民主主義を勝利させよう」「スーチー氏を解放しろ」などと声を張り上げ、市内を練り歩いた。隣国タイの反体制デモで「反独裁」を象徴するポーズとなった3本指を立てる人や、僧侶らの姿も見られた。

 ミャンマー軍政は、民主化運動を弾圧してきた過去がある。この日も治安部隊が多数配備されたが、デモ隊との衝突はなかった模様だ。

この記事は有料記事です。

残り933文字(全文1300文字)

【ミャンマークーデター】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集