がん経験の男性労働者は幸福感が高い 愛知・藤田医大のグループ分析

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
国立がん研究センターのホームページ
国立がん研究センターのホームページ

 男性労働者のうち、がん経験者の方が、がん既往歴のない人と比べ幸福感を感じる割合が高いことが、国立がん研究センターや藤田医科大の研究グループの分析でわかった。がんになっても仕事を続けることの大切さを示すもので、治療と仕事の両立を推進するための環境整備が急がれる。【細川貴代】

 2011~16年に全国の40~65歳の働く男女約5万4000人を対象に、国立がん研究センターが実施した「次世代多目的コホート研究」をもとに、藤田医科大医学部の太田充彦准教授(公衆衛生学)らが分析した。がんになった経験のある労働者と、がんの経験のない労働者について、主観的な不健康▽身体的機能の低下▽抑うつ症状▽幸福感――などを調べて比較した…

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文771文字)

あわせて読みたい

ニュース特集