楽天、田中がキャンプ合流「いよいよだなという気持ちに」 チームに緊張感

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
チームへの合流初日でキャッチボールをする楽天・田中将=沖縄県の金武町ベースボールスタジアムで2021年2月6日午前10時13分、生野貴紀撮影
チームへの合流初日でキャッチボールをする楽天・田中将=沖縄県の金武町ベースボールスタジアムで2021年2月6日午前10時13分、生野貴紀撮影

 米大リーグ・ヤンキースから8年ぶりに楽天に復帰した田中将大投手が6日、沖縄県金武町での春季キャンプに合流した。田中将は「チームのウエアを着るだけで緊張感はある。合流して、いよいよだなという気持ちになる」と引き締まった表情で振り返った。

 かつてのエースの登場に、周囲の選手らの方が緊張した様子だった。全体練習前の円陣で「何か僕に伝えられることがあれば答えていくので、気軽に、気軽に聞いてください」と呼びかけた田中将。「気軽に聞けないでしょ。だから強調しておきました」とおどけてみせた。

 楽天への復帰が決まる前から国内で精力的に体を動かし、既にブルペンにも何度か入っていた。温暖な気候に慣れるために9日までは別メニューとなるが、この日は約70メートルの距離でキャッチボールをした後で、平地で捕手を座らせての投球も披露した。ブルペンには「明日(7日)には入ろうと思う」と宣言。2月中の実戦登板については「それはもちろん。投げていかないと間に合わないですから」と意欲的だった。

この記事は有料記事です。

残り1330文字(全文1765文字)

あわせて読みたい

注目の特集