旭で鳥インフル 42万羽殺処分へ 今季6例目 /千葉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県は6日、旭市の養鶏場で鳥インフルエンザ感染が確認されたと明らかにした。県内の農場での発生は今季6例目で、県は約42万羽の殺処分を進める。作業員確保のため、陸上自衛隊に災害派遣を要請した。

 県によると、5日に鶏舎2棟のうち1棟で約20羽がまとまって死んでいるのが見つかり、簡易検査で陽性と判明。遺伝子検査の結果…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

あわせて読みたい

注目の特集