「被爆後10年の歩み」企画展 暮らしや町並みに「復興の息吹」 長崎原爆資料館 /長崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
原爆投下後の長崎の人々の暮らしぶりを撮影した写真が並ぶ
原爆投下後の長崎の人々の暮らしぶりを撮影した写真が並ぶ

 長崎に原爆が投下されてから、原子野で人々が懸命に生活を立て直そうとする姿や変わりゆく町の様子を収めた写真などが並ぶ企画展「復興の息吹~被爆後10年の歩み~」が、長崎市の長崎原爆資料館地下2階企画展示室で開かれている。5月31日まで。

 被爆直後から1955年までの長崎の人たちの暮らしや、復興に向けて…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文374文字)

あわせて読みたい

注目の特集