連載

支局長からの手紙

毎日新聞デジタルの「支局長からの手紙」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

支局長からの手紙

「尼崎の町医者」の映画 /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「痛くない死に方」「けったいな町医者」の完成披露試写会で写真撮影に応じる医師の長尾和宏さん(左)と「痛くない…」の高橋伴明監督=大阪市浪速区で、岸桂子撮影
「痛くない死に方」「けったいな町医者」の完成披露試写会で写真撮影に応じる医師の長尾和宏さん(左)と「痛くない…」の高橋伴明監督=大阪市浪速区で、岸桂子撮影

 尼崎市の医師、長尾和宏さん(62)は、1995年の阪神大震災を機に大病院での勤務を辞め、「町医者」となって在宅医療の道に。これまでに約2500人の患者をみとりました。多くの著作でも知られています。

 長尾さんの著書2冊を原作にした「痛くない死に方」と、ご本人を追ったドキュメンタリー「けったいな町医者」という映画2作品が2月下旬から全国で順次公開されます。4日、大阪市内であった完成披露試写会で見てきました。

 「痛くない…」(高橋伴明監督)は、柄本佑さん演じる若手在宅医の河田が、在宅医療の厳しさに直面しながら患者と家族に向き合い、成長する物語。長尾さんがモデルである河田の先輩医師を奥田瑛二さんが演じ、余貴美子さん、宇崎竜童さんらが脇を固めます。

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1101文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集