特集

森五輪組織委会長辞任

東京オリ・パラ組織委員会の森喜朗会長が女性蔑視発言から辞任。五輪憲章にも背く発言に、国内外から批判が集まりました。

特集一覧

風知草

森擁護の構造を問う=山田孝男

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
絵・五十嵐晃
絵・五十嵐晃

 時代錯誤の女性蔑視発言と<居直り謝罪>の醜態にもかかわらず、森喜朗元首相(83)はなぜ、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会会長の座にとどまれるのか?

 その秘密は、面倒見のよさで政界随一という、森のこまめな世話役的個性に根差すと私は思う。

 森に義理を感じている人物が政官界、メディア、スポーツ界に多い。義理があるから森をかばう。

 「森さんだから、まとまれる」という、うわべの調和の実態は、森を結節点にした利害関係者のもたれ合いである。意思決定は速やかだが、議論は疎まれ、批判は押し潰される。

    ◇

 政界人物論の名手だった毎日新聞政治部の先輩、岩見隆夫(2014年没)によれば、森は「永田町の町内会長」である。

 「……とにかく、面倒見がいい。相談しやすい。話がうまく、和む。情があってやさしい。怒ってもシコらない。融通無碍(むげ)で敵がいない」(08年8月9日付コラム「近聞遠見」)

 確かにそういう一面はある。が、町内会長にしては不見識な妄言が多い。しかも、和むのは会長に盾突かぬ身内の間だけで、批判には不寛容である。

    ◇

 東京大会組織委が都心の超高層ビル「虎ノ門ヒルズ」に入居し、話題になった16年秋、私は、見学もできない閉鎖性と高コストをコラムで批判した(同年10月31日付当欄)。

 そのコラムで私は、…

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1349文字)

【森五輪組織委会長辞任】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集