「加計学園」誘致の愛媛・今治市長選で現職落選 保守分裂で 前県副議長が初当選

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
愛媛県今治市長選で初当選した徳永繁樹氏
愛媛県今治市長選で初当選した徳永繁樹氏

 任期満了に伴う愛媛県今治市長選の投開票が7日行われ、前県議会副議長の新人、徳永繁樹氏(51)=無所属=が、現職で4選を目指した菅(かん)良二氏(77)=同=を破って初当選した。8年ぶりの選挙戦で、ともに自民党県議の経験がある2人の一騎打ちとなったが、徳永氏が保守分裂選挙を制した。投票率は61・15%だった。

 市長選は市政の継続か、変革かが主な争点になった。

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文567文字)

あわせて読みたい

注目の特集