川崎市一般会計8208億円 21年度予算案 7年連続最高更新 市税減少額は過去最大 /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
神奈川県川崎市の一般会計予算案の内訳
神奈川県川崎市の一般会計予算案の内訳

 川崎市は8日、2021年度当初予算案を発表した。一般会計は8208億円(前年度当初比3・6%増)で、7年連続で過去最高を更新した。新型コロナウイルス対策に217億円を充てた一方、個人の所得や企業の収益が落ち込んだ影響で市税は過去最大の減少。このため今回も借金返済のための減債基金から新たに286億円を借り入れてやり繰りした。借入総額は基金残高の半分に迫るほど膨らんだ。【市村一夫】

この記事は有料記事です。

残り1219文字(全文1410文字)

あわせて読みたい

注目の特集