新型コロナ 空席格安、テレワーク推進 神戸市、飲食店支援の実証実験 /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ワークスペースを提供する居酒屋「土佐清水ワールド三宮生けすセンター」=スペースマーケット提供
ワークスペースを提供する居酒屋「土佐清水ワールド三宮生けすセンター」=スペースマーケット提供

 神戸市は、新型コロナウイルスの影響で苦境に陥る飲食業界を支援しようと、飲食店の空席をテレワークのスペースとして1席あたり1時間100円で貸し出す実証事業を始めた。客は格安で仕事場が借りられ、店は飲み物や軽食の提供で売り上げの減少分を一部賄える。3月末まで。

 会議室や公共施設など場所のシェアサービスを展開する「スペースマーケット」(東京)と連携。市内の中小規模の飲食店約1万1000店を対象とし、イ…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

あわせて読みたい

注目の特集