平群町、ウォーターパーク廃止へ 老朽化も補修費確保困難 /奈良

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
平群町が廃止する方針を固めた「ウォーターパーク」のウオータースラダーやプールなど=奈良県平群町福貴の平群町総合スポーツセンターで、熊谷仁志撮影
平群町が廃止する方針を固めた「ウォーターパーク」のウオータースラダーやプールなど=奈良県平群町福貴の平群町総合スポーツセンターで、熊谷仁志撮影

 平群町は、競泳用の25メートルプールやウオータースライダー3基などがある「町ウォーターパーク」(同町福貴)を廃止する方針を固めた。1993年にオープンした施設で、夏場に45日程度営業してきたが、老朽化が進む中、財政難で補修費の確保が困難になった。

 隣接する生駒市と2010年に結んだ協定に基づき、多…

この記事は有料記事です。

残り174文字(全文324文字)

あわせて読みたい

注目の特集