特集

森五輪組織委会長辞任

東京オリ・パラ組織委員会の森喜朗会長が女性蔑視発言から辞任。五輪憲章にも背く発言に、国内外から批判が集まりました。

特集一覧

火論

わきまえない女、5割=大治朋子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <ka-ron>

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長がまた女性蔑視の発言をした。波紋は国内外に広がり、去就が注目されている。

 森氏の記者会見で個人的に関心を抱いたのは組織の役員に一定数の女性を割り当てる、いわゆるクオータ制に関するやりとりだ。森氏はスポーツ団体の幹部らから、日本オリンピック委員会(JOC)では「(男性の)理事をかなり削り、女性理事を増やさないといけないと。理事からも反対があり大変だった。何とかこぎつけましたと、苦労話を聞いた」と明かした。

 この発言は何を意味するのか。「女性の数を増やせ」と男女平等の旗振り役である文部科学省から求められるが「能力」に見合う女性が少なくて難しい、と言いたかったように聞こえる。

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1045文字)

【森五輪組織委会長辞任】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集