特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

CONNECT・つなぐ

今こそ支えたい/下 パラリンピック 船と仲間率いゴールへ サポート役に転身

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
パラリンピック・ボート日本代表コックスの立田寛之選手=高橋秀明撮影
パラリンピック・ボート日本代表コックスの立田寛之選手=高橋秀明撮影

 東京パラリンピックを目指し、ボート混合かじ付きフォア日本代表として練習に励む健常者アスリートがいる。障害の有無に関係なく出場できるかじ取り役「コックス」の立田寛之選手(28)だ。新型コロナウイルスの感染拡大で大会の開催が危惧される中で、あえて広告会社を退社し、人生を懸ける。その思いとは。

 1月8日の緊急事態宣言再発令を受け、神奈川・相模湖での強化合宿が中止された。思うように練習を積めないが、立田選手は体重55キロをキープしている。顔の輪郭もシャープだ。「体重が1キロ増えると、タイムが1秒遅くなると言われているので、食事にも気を使う」と笑う。

 混合かじ付きフォアはコックスが手足や視覚に障害がある男女4人のこぎ手を一つにまとめ、2000メートルの直線コースで競う。「誘導や補助で選手の体を触る場面もある。手洗いやうがい、消毒は欠かさない」と細心の注意を払う。

この記事は有料記事です。

残り818文字(全文1200文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集